賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の家賃を値下げ交渉するには

安全面を考えた賃貸住宅の基準

寒い冬では住宅の過ごし方には、工夫が必要になります。賃貸マンションやアパートなどは、とくに築年数が古くなってくると、どうしても断熱性が低下してくるので、真冬には寒さ対策がいります。新しい物件についてはエアコンなども完備しているのですが、そういった冷暖房機器が無い場合には、自分で用意が必要なところもあります。備え付け設備で多いのは、石油ストーブやガスストーブがありますが、新しい物件の中には、これらストーブの使用を禁止している賃貸物件もあります。それは一酸化中毒の危険性があるという理由からになるのですが、そうなると電気を使った暖房機器の使用しかできないというのが現実です。

暖房機器では、火災の危険が少なからずある為に、安全面では基準が厳しくなるのです。そして安全では一酸化中毒の可能性を考えると、車の排気ガスの危険も考えられます。賃貸住宅では、1階に駐車場を設置しているところもあり、冬場に車を温める為に、エンジンのかけっぱなしにしておくことが考えられます。これらの排気ガスも危険なこともあるので、シャッターを閉じた状態で車のアイドリングは、とても危険な行為となります。賃貸住宅では自分の過失では無く、他人の過失によってトラブルも起きることがあるのです。

Copyright (C)2017賃貸の家賃を値下げ交渉するには.All rights reserved.