賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の敷金礼金ゼロは注意

敷金礼金ゼロの賃貸物件は、初期費用が抑えられるのでお得に見えます。でも、不用意に飛びつかないで、本当に得かどうか、自分に合っているかどうかを検証してみるのが大事です。たとえば、敷金礼金ゼロの物件は、その分家賃が割高の場合があります。だったら敷金礼金を最初にきちんと払い、あとの家賃が安いほうが得だと思う人もいるでしょう。ただ、まだ今仕事が決まっておらず、とにかく今の出費を抑えたい、というような場合には有効と言えます。敷金礼金ゼロに飛びつくのではなく、今の自分の経済状況に合わせた物件選びをしましょう。

また、敷金礼金がゼロと言う場合には、保証金を払っていないということでもあります。なので、家賃が少しでも遅れたら違約金が発生したり、契約違反になってしまったりするケースもあります。そして、退去のときに修理費を別途要求されることもあり、それが高額になるかもしれません。最近は借り手市場のため、空室が増えて、少しでも借りやすいように敷金礼金ゼロにしている大家さんもいます。なので、人気のない物件が敷金礼金ゼロになっていることが多く、駅から遠かったり、陽当たりが悪かったりという、いわゆる「わけあり」の物件の場合もありますので、それもチェックしておきましょう。

Copyright (C)2017賃貸の家賃を値下げ交渉するには.All rights reserved.