賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の家賃を安くしてもらおう

賃貸物件を契約する前に、家賃の交渉をしてみましょう。でもただやみくもに交渉したのでは無理ですから、ちょっとした仕組みを知って、コツを押さえておくといいです。まず、家賃は合計金額で考えましょう。敷金礼金プラス、二年なら二年分の家賃を合計して、それが安くなるように考えるのです。一月あたりの家賃にとらわれていたのでは、なかなか交渉できません。もしその物件を長く借りたいなら、「長期の契約をするのでその代わりに毎月の家賃を安くして下さい」という交渉の仕方もあります。短期間だけ住みたいなら、初期費用を抑えることを考えましょう。

いちばん値引きのターゲットにしやすいのが礼金だそうです。借りるほうに取っては、初期費用が減らせますし、大家さんもこだわらない人が増えているようです。それに、家賃を値引きしてしまうと、他の住民と家賃に差がついてしまい、いろいろと大家さんにとっても面倒なのです。ただ、礼金はお礼の意味合いのあるお金ですから、あまり無理に値切ってぎくしゃくしないようにしましょう。これらの交渉は、直接大家さんにする場合もありますが、たいてい不動産屋さんを通して交渉します。このときに不動産屋の営業さんと関係を良くしておくと、スムーズに進みます。

Copyright (C)2017賃貸の家賃を値下げ交渉するには.All rights reserved.