賃貸の家賃を値下げ交渉するには

賃貸の家賃を値下げ交渉するには

収納のない賃貸の収納術

収納のない賃貸物件は、意外な安さが魅力です。よく物件選びで、「収納がたくさんあるところを選ぼう」というのがポイントに挙げられたりしますが、敢えて収納のない部屋を選ぶことで、家賃を下げることができます。たとえば部屋の角に突っ張り棒を三角につけることで、衣類をかけられます。雑然として気になるようなら、きれいな布をかけてカバーしてもいいでしょう。壁面にかけるより、部屋の隅を三角に使うことで目立ちません。

また、トイレや洗濯機の上のほうに突っ張り棒で棚を作ると、タオルやトイレットペーパーなど、生活感のあるものが全て収納できます。突っ張り棒に引っ掛けるタイプのかごをつかうと、細かいものもしまえます。さらに、ものがかけられるタイプの間仕切りを使うことで、部屋のスペースを仕切れて、かつ小物が片付きます。玄関先に間仕切りを立てておくと、出がけに必要なものがさっと揃います。さらに、引き出し付きのベッドを使ったり、ブロックで板を渡して簡易の棚を作ったりすると、本やゲームソフトなどもきれいにしまえます。部屋に備え付けられた収納がなくても、自分で便利なところに収納スペースを作っていけば十分ですし、カスタマイズも簡単です。

Copyright (C)2017賃貸の家賃を値下げ交渉するには.All rights reserved.